CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< らっきょう | main | 青じそのお酒 >>
ROKKO SUN MUSIC 2010
0
    夏フェス行ってきました。

    芝生に寝転んでお酒を飲んで、まったりしながら
    音楽を聴ける、そんな素敵な理想のフェスを探していたところ、
    意外と近場で発見。
    ROKKO SUN MUSIC 2010

    1週間前から、週間天気予報とにらめっこするも、
    7/11(日)の【曇り時々雨マーク】はいっこうに変化する気配なし。。。
    それならば、万全で行こうじゃないかと、前日の夜、閉店間際にsportsDEPOに飛び込んでレインコートを購入。

    そして迎えた朝は微妙な空もよう。
    レジャーシート、レインコートと、タオル、お菓子、お酒などなど
    バッグに詰めて出発。

    会場である、六甲山の上にあるカンツリーハウスに行くには
    JR六甲道→バス(坂道20分くらい)→六甲ケーブル(10分くらい)→
    バス(山道15分くらい)
    こんな道順で行きますが、
    ケーブルに乗ったくらいから雨、ひたすら雨。
    そして、ケーブルを上りきったそこは、一面深い霧(雲の中?)。

    会場に入ると、やまぬ雨、そして風で飛ぶテント。
    酒井ヒロキ、フルカワミキが終わる頃には足元びちょびちょ。


    幻想的なステージ(奥の白いテント)


    もうここまで濡れてしまうとどうでも良くなり、
    テンションがあがる。

    一番聴きたかった「大橋トリオ」
    はだかの王様から始まり、Happy Trailで終わる。
    途中、一瞬雨もやんでいい感じでした。

    そして「SPECIAL OTHERS」
    最後の曲Laurentechが終わると、かなりの人が帰宅。

    ここら辺で、3時間ほど雨に濡れっぱなし。
    あまりの寒さに、暖を求めてさまよい出す人たち。
    私たちもさまよいだす。
    うどん食べたいねーと、
    とりあえず園の入り口近くにあるレストラン、アルペンローゼへ。
    しかし、レストランは15:30まで。
    そして今は15:37。。。。。

    なぜー、と叫びながらも、コーヒーと紅茶であたたまる。
    お菓子持ってきてよかった。

    壁と天井があることだけでこの安心感。
    うーん、空間の力は偉大です。
    根本的なことなんでしょうが、忘れがちですね。

    そして、30分ほどまったりして戻ると、
    有山じゅんじの「みんなありがとー」の声。
    え?終わったの?もう終わったの?

    後はCaravan、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを楽しんで、後片付け。
    荷物を置いていたところに戻ると、小さなバッグが飛ばされ行方不明。。。
    (風向きを追って行って、ちゃんと会場の一番端っこで見つけました。)

    こんなに悪天候なのは初めて。
    印象に残るフェス、うん、とにかく何年後かに思い出せるフェスでしょう。

    何よりもこの気持ちが大切。
    「いやー、楽しかった。」


    | 場所 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog3.kacoltd.com/trackback/996445
    トラックバック