CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 春の味覚 | main | ソラニン >>
アンチ似非ナチュラリスト
0
    私はナチュラリストではないし、
    ユニクロの服も着るし、プラスチックのコップも使います。
    プラスチックのコップなんて何十年も使えるくらい頑丈だし、
    手に入れるのには勇気がいるけど、ゴミになる時まできちんと想像をして
    それが一番ベストであればそれを買えばいい。

    それでも、日本の雑誌で巻き起こっているナチュラルーな雰囲気に
    うんざりしている。
    根本的な部分はどうなのか。本当に?と疑ってしまう。
    「自然素材大好き。でもメンテナンスフリーで。」
    それはとても楽だけど、違うんじゃないかな。

    冷え症をどうにかしたくて食事に気をつけだしてから
    からだの自然治癒力をひきだす 基本のおかずという本が目につきました。
    体を冷やす食べ物と温める食べ物のバランスが大事だ
    という話はわかりやすくて、食事の内容を見直して、
    家では玄米と野菜を中心にした献立に落ち着きました。
    お鮨は小躍りするほど好きだし、焼き肉も大好きです。
    チョコケーキ好きだし、アホほど飲んで幸せな時もあります。
    外食が多いので、結果として家では野菜中心にしているだけのこと。

    結果論として美味しくて体が軽ければ、体質に合っているということなので
    続ければいいけれど、食事はおいしくないとなかなか続きません。
    バランスが大事であって、これがいい、あれが悪いと
    一様には決められない物だと思います。


    先日、マクロビオティックの料理教室に参加しました。

    玄米のちらしずし
    菜の花のからしあえ
    きのこの土瓶蒸し
    よもぎ餅
    楽しくて新しいレパートリーが増えてご満悦でした。


    食べ過ぎたら次の日は粗食にする、
    飲み過ぎたら消化にいい物にする、
    寒かったらあったまる物を食べる、
    ある国に行ったらある国の食べ物を食べる、
    何より美味しいもの(旬のもの)を食べる。
    そういうバランスを大切にする食事法なのではないでしょうか。


    家であっても、服であってもしかり。
    本当の自然素材は、自分の体と同じように手がかかります。
    ほっといたらシミがついたり、壊れたりもします。
    それでも自分に合っていれば、メンテナンスも楽しいものです。
    楽しめなさそうだったら、根本的に合わないということで、
    自分に合う物を選ぶ。
    長く続けるにはそういうシンプルな判断が一番大切です。

    情報が充実しているからか、頭でっかちな人が多い気がします。
    「でも、これっていいんでしょ?」って。
    いえいえ、何事もバランスです。


    ーーーーーーーーーー
    結果、食事を変えて何が変わったか。
    体調に関しては良くなったことって、意外とわからないものです。


    そういえば、毎月のようになっていた偏頭痛がなくなりました。
    なんだか、意識して初めてわかりますね。
    昔は結構悩んでいたのに、そういえばここ2年ほど頭痛薬買ってないかも。

    夫の肌がすべすべになった(1年ぶりに再会した友人から言われたそう)。

    美味しいから続けてきただけのこと。
    そういうのが一番大切。


    | 日常 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog3.kacoltd.com/trackback/919817
    トラックバック