CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 東京2日目 | main | ヴィヨンの妻 >>
受け継がれるのは
0
    今でも、憧れの祖母と母。

    私の祖母は編み物をよくしていました。
    母も、私が小さい頃から編み物をしていました。

    棒をチャッチャッといわせながら素早く編む姿に子供心に憧れて
    お願いして母から初めて教わったのは、鎖編み。
    6歳くらいの時でしょうか。
    2人でソファに座って教えてもらった気がします。
    かぎ針で編む鎖のような形のそれは、
    セーターなどを編む時にまず編むものです。
    そこから目を拾って、編み物がスタートします。

    目の大きさがそろわずがたがたでしたが、
    始めて触れる道具がかっこよくて満足でした。

    毎年、秋になると編み物をしたくなってしょうがありません。

    高校生のときから、マフラーはよく編んでいましたが、
    大学生の時に、母からセーターの編み方を教わりました。
    採寸をしてくれて、一から編み図を書く母は、小さいときと
    同じでやはりかっこよく見えました。
    残念ながら、そのときは途中で挫折してしまったのですが、
    2年前に始めてセーターを完成させてからは、
    いろいろな物に挑戦したくてたまりません。

    今年は、自分用の半袖のカーディガンを仕上げました。

    ボタンはまだ付けていませんが、着てみたら、夫から
    「カムイ外伝のようだ」と。。。。。
    着こなしがんばります。。。

    日本では編み図があるのが当たり前ですが、
    洋書のニットパターンの本には、編み図がありません。
    模様編みのときに解説をしてある程度です。

    何がパターンなのかというと、
    「まず作り目を○目して、表編みを○目、裏返して裏編みを○目」という
    文が書かれています。
    代々その家のオリジナルの編み方があり、
    それが口頭で受け継がれてきた長い歴史があるからだと思うのですが、
    編み図になれていると想像力をフルに使います。
    それでも訳しながら編んでいくのは楽しいです。
    母から口頭で教えてもらったときを思い出します。
    「まず鎖編みを42目作って、メリヤス編みを12段…」

    受け継がれているのは技術だけではなくて
    「受け継ぐということ」それ自体のような気がしてきます。

    でも編み図、かけるようになりたいですね。
    母からは、まだまだ習いたいことがたくさんです。

    | 日常 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog3.kacoltd.com/trackback/882685
    トラックバック